披露宴会場でのスピーチを頼まれたら、当日上がらないためにも、前もってスピーチ原稿を作ると良いでしょう。いくら雄弁な人でも、当日ぶっつけ本番ではしないようにします。

スピーチの基本パターンは、まずお祝いの言葉を述べて、新郎新婦と自分との関係を自己紹介を交えながら説明して、新郎新婦の思い出やエピソードなど、メインとなる話をします。
そして2人への励ましの言葉、お礼の言葉で締めくくります。

川越の披露宴会場について知るならこのサイトです。

基本に沿って自分ならではの原稿を作りますが、テーマは一つに絞るのが良いでしょう。


例えば学生時代の同窓生なら、その当時の心温まるエピソードを中心にして組み立てるようにします。


エピソードが面白くても、失敗談や暴露話は当人たちも列席者も不愉快になりますので、タブーです。


披露宴会場でのスピーチは、3分以内に収めるのがスマートです。



1分が約300字として、約1000字以内にまとめるのが良いでしょう。
説教じみた格言や、普段考えたことがないような背伸びした内容は失敗のもとです。自分らしさを大切にした誠実な内容にします。

緊張して内容を忘れそうだと思ったときには、原稿を持ってスピーチしても構いません。

しかし、一字一句同じように話そうと思うと棒読みになってしまうので、内容だけ同じ話にすれば良いというくらいの気分で臨むと落ち着きます。披露宴会場で突然指名された場合は、招待客のみんなも突然だということが分かっていますので、特に印象に残るような内容を話さなくても大丈夫です。

大手小町に関する耳より情報です。

2人を祝福する気持ちを誠実に伝えるようにします。